カレンダー
    09 ◇ 2017/10 ◇ 11

    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -

閲覧数
プロフィール

    カムイ

    Author:カムイ

    カムイです
    オンラインゲーム<ウルティマオンライン>のプレイ日記dです
    (^^)

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 コメント:- トラックバック:- [Edit]  Top Page.△

エンジンかからず!

2005年10月27日[02:48:28]
最近、エンジンがかからなくなったという救助依頼が多い。
季節柄かわからないけど、毎年この時期多いような・・・。
その原因第1位は、バッテリーあがり。
第二位はオルタネータの発電不良。
第三位はフューエルポンプの不作動。
(2位3位に関しては、扱ってる車の特性か?・・・)

で、エンジンかからなくなったときに自分でなんとかしようとする人も多いと思う。

よくやりそうな対処は、セルまわしつづける!これ、非常に車に悪い行為です。ちょっとやってかからなかったらすぐに整備工場に救助依頼を。
もう一つはブースターケーブルでバッテリー繋げてかける!これ自体は正解。間違ってないです。が、しかし、ブースターケーブルの太さに注目してください。
あなたが持っているケーブルの太さはどうでしょうか?
よくホームセンターなどで売ってる物にも、2種類くらいは太さがあるとおもいますけど、ケチって安い細いケーブルでいいやってことで、細いほう(軽自動車用とか書いてあることが多い)を普通乗用車で、使うとしましょう。
その場合、ケーブルが細くていくら繋げたといってもエンジンをかけるだけの電力が足らなくエンジンはかかりません。
それどころか、その細いケーブルでがんばってセル回し続けると、そのケーブルが耐えられなくなって燃えます
普通常用に乗ってる人はケチらずに太いケーブルを備えましょう!
持ってない人はこの機会に車に備えておきましょう。自分でケーブルつまげたり出来ない人は無理してやらずにすぐ救助依頼ね!!

スポンサーサイト

コメント:2 トラックバック:0 [Edit]  Top Page.△

カーレース

2005年09月12日[02:13:51]
モータースポーツ
最近モータースポーツから遠ざかった気がします。

昔はGTやF1などはかなり熱中したもんです。
最近はどうなんだろうねぇ?F1では佐藤琢磨が頑張ってた気がするけど、どうやら来年はシートを失うような噂も耳に入ってきた。
また日本人のいないF1が始まるのか~。
まぁ、日本人いても活躍してくれないといみないけどね。

そうそう、某雑誌の記事で来年?あたりからWRCラリーの車両の規定が変わるかもしれないらしく、なんとターボがなくなるような事が書いてあった。マジカヨ…。
WRCといえばあのワープしてしまうようなターボの加速が醍醐味だとおもうのになぁ~・・・。

そして今D1GPというドリフトのレースが人気を集めているみたいだ
D1GPとは→http://www.d1gp.co.jp/
ようはドリフトの上手さを競うコンテスト。
いままでのカーレースと違って、タイムを競うものではなく、芸術性を競う競技になっている。
昔、ドリフトをかじったことがあるおれだが、あいつらのドリフトはちょっと狂っている。みたことないひとは一度機会があったらみてみるといいと思う。「車ってこんな走り方できるんだ~」って思うぞ。

一つささやかな自慢(自慢できるのかわからんが)をすると、俺はヴィッツレースというワンメイクカーレースに参戦してたことがあるのさ!
まぁ、聞きたい人がいたらなんか話すとしよう。

コメント:0 トラックバック:0 [Edit]  Top Page.△

長距離運転

2005年08月30日[23:01:59]
みんなは盆休みどこか遊びにいったかな?

車で遠くに遊びに、旅行に行く人もすくなくはないと思います。
そのとき、車の点検を行ってる人は何%いるんでしょうか。
長距離運転するときは必ず整備工場に点検を頼むか、簡単でもいいので自分で点検してから出かけよう。

先日、仕事をしていると、車からすごい音が出だしたってことで救援依頼。とあるインターチェンジに車を引き取りに行きました。
エンジンをかけてみると、「ガラガラガラ」とすごい音、聞いただけでエンジンが終わってるのがわかりました。
工場に戻り点検してみると、エンジンオイルがまったく入ってませんでした。行く前にオイル量は点検したと言っていますが、入ってません。

その原因は、オイルが漏れていてだんだんオイルが減り最後はカラカラになり、エンジンが焼きついてしまったようです。
聞けばその方はかなりの距離を走ってきた模様。行く前に点検はしたものの、途中で点検はしなかったとのこと。
まぁ、ほとんどの人は行く前の点検をするかさえ怪しいものです。

結局この方、車は廃車になってしまいました。

もし、行く前に整備工場に点検を出していたならば、オイル漏れが発見できたと思います。
点検の勧誘ではないですけど、長距離運転するときはキチンと点検して安全な旅行をしましょう~!

コメント:0 トラックバック:0 [Edit]  Top Page.△

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。